日本の名曲を演奏する毬華。その歌い手毬姐の書く日々のあれこれ


by ma-ri-ha-na

アリラン

私が1番好きな映画監督

<キム・ギドク>

とてつもない・圧倒的な愛の世界を描き

なんど、唸らされたか・・


子宮の奥がきゅんとなるような

切ないけれど、あたたかく、

色々な人間のほんと変な愛を撮る韓国の監督です


賛否両論がある作品が多いけど・・・


なんと言われても私は大ファンの一人でした


けれど、ある作品で<悲夢>主演女優さんが命にかかわる事故をおこしかけ

そこから3年間、キムは業界から消えてしまいました、




そんなキム・ギドクが3年の沈黙を破り

自身の葛藤や、想いを吐き出す映画<アリラン>を撮りました。

ドキュメンタリーのような

いや・・・そうではなく、もっともっと

やはりオレは映画が撮りたいんだ・・と

自分主演の短編映画に仕上がってました



この映画のあと

新作をやっと撮り出したそうで

2012年

彼の作品にスクリーンで出会えるのを楽しみにしています。


渋谷イメージフォーラムで公開中
<因みに映画は2.3本見てから行かないと、全く
e0153895_23465726.jpg
わからないかも・・・>
by ma-ri-ha-na | 2012-03-08 23:47 | 日記 | Comments(0)