日本の名曲を演奏する毬華。その歌い手毬姐の書く日々のあれこれ


by ma-ri-ha-na

カテゴリ:ヒストリー&コンセプト( 1 )

毬華ヒストリア

馴れ初め:
つつじヶ丘にある沖縄料理屋さんにて・・・
後姿の和服美人?(ちゃっぴー)に毬姐が声をかけ、飲み友達になる。
            

運命はまさにそこから始まったのです...。


きっかけ:
毬姐がちゃっぴーの着付教室に通い出す。
互いにギタリストとダンサーというそれぞれ別の顔も持っている事実を知り、「大好きなキモノと音楽を組み合わせた何かをやりたいね」と企てる。


そして、     
とんとん拍子に話しがすすみ、ビジョンが形成され、


毬華』は結成されました!


コンセプト:
 私たちが生まれる前からある日本の素晴らしいメロディー、そして日本の民族衣装のキモノ、この二つを融合させて毬華独自のアレンジでお届けしています。
 先ずは曲を素っ裸にして不変なメロディーとコードだけにし、ギターと唄だけのシンプルなアレンジによって流行り廃りのない純粋な楽曲に磨き直します。古い曲を先入観なく聴く人に再発見していただければと思ってます。
 そして衣装はキモノを着て、同じように老若男女問わず日本文化に誇りと再認識をしていただけたらと思うのであります。

名前の由来:
 『毬姐』の『毬』とちゃっぴーの本名『花輪』の『花』を組み合わせ、『やめられない』、『クセになる』”マリファナ”を掛け合わせ『まりはな』と命名しました。

by ma-ri-ha-na | 2008-10-23 01:50 | ヒストリー&コンセプト | Comments(0)